ケアポイントについて

頭皮ケアのポイント

髪におおわれているため、普段はあまり意識していなかった頭皮・・・
間違った頭皮ケアをしてしまうと、逆にトラブル悪化を招くことも。

正しい頭皮ケアに必要なことを、
10ヶ条にまとめてみました。

Dr.TOUHIをより効果的にお使いいただくために必要なこと…

頭皮環境を整え、白髪やくせ毛やフケや抜け毛などの頭皮や髪のトラブルを根本的に解決するためには、頭皮ケアを習慣づけて根気よく続けていくことが大切です。
些細なことでも心がけていただくだけで、頭皮や髪への負担を大幅に減らし、Dr.TOUHIシリーズをより効果的にお使いいただけます。

シャンプーをしすぎない!

シャンプーには洗浄効果の強すぎる成分が含まれていることが多いです。洗いすぎは絶対によくありません。
シャンプーをしすぎると、頭皮のバリア機能を持つ皮脂が落ちすぎてしまいます。その結果頭皮の乾燥を招き、フケやかゆみの原因になります。
くせ毛や白髪がある方は頭皮の乾燥がひどい傾向にあるので、2日に1回のシャンプーで、1日はすすぎ洗いでもいいくらいです。
もちろん二度洗いの必要はありません。

Dr.SHAMPOOをオススメな理由

Dr.SHAMPOOは洗浄成分に石油由来などの強い成分は使わず、ハチミツやヒアルロン酸など保湿力の高い天然由来成分を配合!
頭皮の潤いを保ちながらやさしく洗い上げます。

シャンプーのすすぎをしっかりする!

シャンプーに含まれる石油系合成界面活性剤などの強いものは、頭皮に残りやすく、頭皮環境の悪化を招き、健康な髪の成長を妨げます。
すすぎが不十分だと、頭皮にシャンプーの成分が付着したままになってしまい、湿疹などのトラブルの原因になるのです。
すすぎは、細かい泡が出なくなるまでしっかりとすることが大切です。

Dr.SHAMPOOをオススメな理由

Dr.SHAMPOOは洗浄成分に石油由来の成分は使わず、ヤシ油由来、アミノ酸系、ベタイン系のやさしいものを使用。様々な天然由来成分が頭皮と髪を健やかな状態へと導きます。

トリートメントは毛先だけ!

髪の根元からトリートメントを付けてしまうと、頭皮にトリートメントが付着し、頭皮をコーティングしてしまいます。それは頭皮にふたをしてしまっているようなものです。
Dr.TOUHIを使用する際、有効成分の浸透を妨げる要因になりますので、トリートメントは毛先にだけ使用するようにしましょう。トリートメントを流す際は、頭皮から毛先に向けて流し、なるべくトリートメントが頭皮に付かないようにお気を付けください。

Dr.TREATMENTをオススメな理由

Dr.TREATMENTはシリコンなどのコーティング剤ではなく、シアバターやツバキ油などの天然保湿成分で髪を保護します。
そのため、頭皮やお肌に付いても安心・安全です!

ドライヤーで乾かしすぎない!

ドライヤーで髪を乾かしすぎてしまうと、頭皮や髪の水分が失われ、パサつきや傷みにつながります。
完全にドライヤーで乾かすのではなく、少し湿り気を帯びた状態にとどめていただくといいかと思います。
目安としては8割ほどをドライヤーで乾かし、その後は髪に残った余熱で髪を乾かしながら、 Dr.TOUHIをご利用ください。
また温度が高くなりすぎないように冷風で乾かすのもお勧めです。冷風を当てることで、髪のキューティクルが閉じられ、髪に艶を与えてくれます。

髪を染める周期を1日でも延ばす!

髪を染めると、髪の傷みを招きます。また、染毛剤は頭皮に付くと大きなダメージを与え、健康な髪の成長を妨げる要因になります。
染める周期を1日でも延ばすことで、頭皮や髪に与える負担が減ります。

縮毛矯正をかける周期を少しでも長く延ばす!

縮毛矯正は、高熱で髪を焼き固めているようなものです。
そのため髪に大きなダメージが与えられ、パサつきや枝毛、切れ毛などのトラブルを招きます。
また、縮毛矯正は生えてくる髪のくせを改善するわけではありません。
繰り返し行うことで頭皮や髪を乾燥させたダメージが蓄積され、健康な髪の成長を妨げ、様々なトラブルの悪化を招きます。
縮毛矯正をかける周期を少しでも長く延ばすことで、頭皮や髪に与える負担が減ります。

アイロンやコテはなるべく使わない!

アイロンやコテの温度はとても高温になります。アイロンやコテを使用した髪は、大やけどを負っているようなものです。日常的に使用すればするほど頭皮や髪が乾燥し、くせや白髪の悪化を招きます。
ダメージが蓄積された部分は、頭皮からの潤いが伝わりにくくなり、トラブル改善を妨げる要因になります。

髪を強くしばらない!

髪をしばると、しばっている部分の頭皮が常に引っ張られた状態になり、頭皮に負担がかかります。 その負担が蓄積され、フケやかゆみを引き起こしたり、髪が抜けやすくなります。
また、しばっている部分で髪が折れるので、しばりぐせといわれるくせがつき、枝毛や切れ毛を招きます。

スタイリング剤を頭皮に付けない!

ワックスや洗い流さないトリートメントなどのスタイリング剤などは、頭皮に付着すると頭皮をコーティングしてしまいます。それは頭皮にふたをしてしまっているようなものです。
Dr.TOUHIを使用する際、有効成分の浸透を妨げる要因になりますので、スタイリング剤は頭皮につかないようにしましょう。特にスプレータイプのものは、髪の内側にこもって、気付かないうちに成分が頭皮に付きやすいので注意が必要です。

Dr.OILをオススメな理由

Dr.OILは100%天然のオイルなので髪に負担をかけずに、髪の広がりやパサつきを抑えます。スタイリング剤の代わりとしてのご使用もおすすめです。

生活習慣を見直す!

頭皮や髪を良い状態へ整えるには、からだの内側からのケアも欠かせません。顔のお肌と一緒で、頭皮の状態も生活習慣や気候などの環境と密接に関わっています。睡眠時間を少しでも多く確保したり、食生活を見直すことは大切なケアの一つです。 また、血行を良くすることで毛根に栄養がいき届き、健康な髪の成長を促します。喫煙や飲酒を控えることも、頭皮や髪のケアにつながります。 心身ともに健やかであることが、潤いのある健康な頭皮や髪を生み出す手助けとなるのです。

なにかご不明な点やご相談がございましたら、
いつでもお気軽にお電話、メールでお問い合わせください。

TEL:0120-974-107